全国webカウンセリング協議会 いじめ・ひきこもり・不登校・ニートの子どもをもつ親、および本人に対する心理学的援助を中心とし、豊かな国づくりの推進を図ることを目的として設立されました。

HOME Q&A お問い合わせ

子ども無料相談室 みらい

PVCL簡易親力チェック

全国webカウンセリング協議会

webカウンセリングルームみらい

Links

NPO法人 全国引きこもりKHJ親の会
NPO法人 「育て上げ」ネット
NPO法人 日本青少年キャリア教育協会
QEST 全国webカウンセリング協議会では、社会的モラルをチェックするQEST検査機関から「Qマーク」の使用資格を得ています。
Q&A
心理療法カウンセラー養成講座 受講前
 
question どのような人が受講していますか。
answer カウンセラーを希望されている方をはじめ、保健所や市町村の相談機関の方などが受講されています。また学校関係者や保護者の方の受講も多く、現場での指導に役立ったという声や、自分の子どもに対する接し方がわかるようになったという声など多数いただいております。
 
question 子どもに関する問題(不登校やいじめ)と大人に関するいろいろな問題(恋愛や人間関係)も両方勉強できるような内容でしょうか。それとも子どもの「不登校やいじめ」という問題に特化した内容でしょうか。
answer 心理療法カウンセラー養成講座は、初級・中級・上級・課題メール(メールカウンセリングの実践)を行っていただき修了となります。初級・上級では事例への回答を行っていただきますが、事例として不登校やひきこもりで悩む本人または家族への回答をしていただくようになっております。中級では、カウンセリング理論と技法に関して学んでいただきますので、子ども・大人の区別はないと思います。子どもの心の問題を解決していく中で、実は、この問題は夫婦間のことや家庭内のこと、大人の人間関係が原因となっていることも多数あります。子どもに限ったことにはならず、大人に関しての様々な問題も扱っていただくようになります。
 
question 心理療法カウンセラー養成講座は、すべてネットでのやりとりでしょうか。スクーリングや、認定時の試験などはあるのでしょうか
answer 原則、スクーリングはありません。レポートの提出などは、ネット上からか郵送でのやりとりになります。
認定されるまでの試験などもありません。初級から上級までの課題提出とメールカウンセリング(模擬)を3回行っていただき、基準に達していれば認定いたします。
 
question 受講料はいくらかかりますか。
answer 講座の受講料は、教材費等含む80,000円です。その他、認定時に認定登録料20,000円がかかります。 (協議会員への登録を希望しない場合は、認定料10,000円になります)
 
question 受講料の分割は可能ですか。
answer HP上からのお申込の場合、クレジットカードでのお支払のみ分割が可能です。分割回数は、カード会社の規約範囲内の回数であれば可能です。
 
question 申込をするにはどうしたらいいですか
answer まずHP上から『カウンセラー登録』をしていただきます。その際、入力したメールアドレス宛にID/パスワードをお送りいたします。メールに記載しております「カウンセラー専用ページ」を開き、ID/パスワードを入力します。カウンセラー専用ページに「心理療法カウンセラー養成講座」の申込がありますので、そこから申込し、受講料振込の手続きを行ってください。
 
question ID/パスワードを入力しても、カウンセラー専用ページが開きません。
answer ID/パスワードは、半角英数で入力してください。または、メールからコピーして貼り付けてください。
 
question カウンセラー専用ページを開いても真っ白で、ID/パスワードを入力できません。
answer 表示されない場合、ポップアップブロック機能が働いている可能性があります。 Yahoo!・Googeツールバー等、もしくはOSにWindows XP SP2をご利用されているようでしたらほぼ間違いないかと思います。
Q&A
心理療法カウンセラー養成講座 受講中
 
question 受講期限が過ぎてしまったのですが、どうしたらいいですか。延長などできますか。
answer 有料になりますが、6ヶ月延長することができます。受講状況によって延長料金が変わってきます。
レポート初級未合格 ・・・ 20,000円
レポート初級合格  ・・・ 15,000円
レポート中級合格  ・・・ 10,000円
レポート上級合格  ・・・    5,000円
Q&A
心理療法カウンセラー養成講座 認定後
 
question 就職の紹介はしてもらえますか。
answer 当協議会にカウンセラーの求人案内や依頼があった場合、ご案内させていただいております。今までですと、提携企業からのカウンセリング業務や中学校の相談員等の求人をご紹介しております。
ご自身で探された求人募集に対して、ご依頼があれば推薦状を書くことも可能です。
また、お住まいの近くで、訪問カウンセリングや対面カウンセリングを希望される方がいらっしゃった場合、カウンセラーとして紹介させていただくこともございます。
求人の案内やカウンセラーとしての紹介については、希望されている時期に必ず紹介できるとは限りませんので、ご了承ください。
 
question カウンセラーとして開業することは可能ですか
answer カウンセラーとして認定されると開業していただくことも可能です。実際にカウンセラーとして活躍されている方もたくさんいます。看板・名刺など必要なものがございましたら、事務局までご連絡ください。
Q&A
訪問心理療法士
 
question 訪問心理療法士3級を取得しましたが、その後どのような活動ができますか。
answer 訪問心理療法士3級は、身近な方(お友達やご家族、お知り合いの方など)に対してカウンセリング行えます。身近な方だけではなく広くカウンセリングを行いたい場合(たとえばカウンセラーとして開業したい、相談機関で働きたいなど)は、2級以上の資格が必要となります。しかし、訪問心理療法士2級の受験条件には『心理療法カウンセラー養成講座の受講修了』が必須となります。
 
question 申込はどのようにしたらいいですか。
answer 郵送か、HPからのお申込になります。方法は、下記の通りです。
【郵送の場合】
(1)申込書に必要事項を記入の上、郵送またはFAXにてお申込ください。
(2)申込書に記載してあります振込先に受験料をお振込ください。
【HPからの場合】
(1)カウンセラー登録をお願いいたします。
(2)カウンセラー専用ページより、受験の申請をしてください。
(3)事務局より「訪問心理療法士○級 お申込の件」をメールにてお送りいたします。
(4)再度カウンセラー専用ページより正式にお申込ください。
 
question 心理療法カウンセリング講座の日程が合わないので、DVDを見て申込をしたいのですが、DVDはどれを見たらいいでしょうか。販売している4種類でしょうか。
answer 訪問心理療法士3級を受験していただく際に見ていただくDVDは、DVD(1)「いじめ・不登校・ひきこもり・ニート・問題行動を起こす子どもの具体的対処法」になります。また「ひきこもりと闘う親と子を応援する本」「学校裏サイトからわが子を守る」も熟読のうえ、レポートを提出してください。
 
question 訪問心理療法士3級を合格したので、2級を受験したいのですがどうしたらいいですか。
answer 訪問心理療法士2級の受験条件に、「心理療法カウンセラー養成講座」の修了が必須となります。2級の受験の前に、心理療法カウンセラー養成講座の受講をご検討ください。
心理療法カウンセラー養成講座
Q&A
webカウンセリングルーム みらいについて
 
question 携帯電話からのメールカウンセリングはできますか?
answer 携帯電話からのカウンセリングは可能です。(ユーザー登録はパソコンからになります。)
詳しくはこちらをご確認ください。
 
question 前回と同じカウンセラーにカウンセリングを受けたい場合は、どうすれば良いでしょうか?
answer 「カウンセリングルームよりカウンセリング回答」のメール本文の下の部分(このカウンセラーへもう一度相談する)のURLをクリックしていただくと、再度同じカウンセラーへご相談いただけます。
 
question カウンセリング期間や制限回数を終了後、また利用したいときはどのようにすれば良いですか?
answer 3ヶ月の期間を終了、または制限回数を超え、さらに続けたい場合は、継続登録することができます。終了近くなりますとログイン画面に継続のご案内が出てきますので、案内に従って継続手続きをしてください。
Q&A
メールカウンセリング(ユーザー)
 
question 相談内容の履歴を見たいのですが、どうしたらいいですか。
answer HP上にありますメールカウンセリングよりご自身のメールカウンセリングのフォームを開いてください。
URL:http://www.web-mind-c.jp/counseling/users/user_mail.php
「カウンセリング・メール送受信一覧」よりご確認ください。
Q&A
その他
 
question 初めて受講するには、心理療法カウンセラー養成講座・訪問心理療法士・ネットいじめ対応アドバイザーどれから始めるのがよいのでしょうか。
answer 資格取得後、どの様に活用するかによりますが、例えば心理学・カウンセリングというものに興味・関心があり、心の悩みを持つ方々への対応をしていきたいとお考えでしたら、心理療法カウンセラー養成講座を取得し、その後(並行してもよいですが)訪問心理療法士の2級、ネットいじめ対応アドバイザーの資格を取得し、カウンセラーとしてのスキルアップにつなげるのがよろしいかと思います。 訪問心理療法士の3級のみの取得では、それだけでカウンセラーとしてクライアントと対面でのカウンセリングは難しいです。また、学校現場や相談機関等の仕事に携わっていて、ネット関連の相談に対してのスキルを身に付けたいのであれば、ネットいじめ対応アドバイザーの取得ということも考えられます。
 
プライバシーポリシーハラスメントポリシー利用上の注意サイトマップ
Copyright© 2005-2010 全国webカウンセリング協議会 All rights reserved.
ネットいじめ対応アドバイザー資格認定制度 カウンセラー適性テスト