全国webカウンセリング協議会 いじめ・ひきこもり・不登校・ニートの子どもをもつ親、および本人に対する心理学的援助を中心とし、豊かな国づくりの推進を図ることを目的として設立されました。

HOME Q&A お問い合わせ

子ども無料相談室 みらい

PVCL簡易親力チェック

全国webカウンセリング協議会

webカウンセリングルームみらい

Links

NPO法人 全国引きこもりKHJ親の会
NPO法人 「育て上げ」ネット
NPO法人 次世代育成ネットワーク機構
NPO法人 日本青少年キャリア教育協会
QEST 全国webカウンセリング協議会では、社会的モラルをチェックするQEST検査機関から「Qマーク」の使用資格を得ています。

全国webカウンセリング協議会

協賛受入に関する内規
協賛受入に関する内規
第1条(目的)
  本内規は、全国webカウンセリング協議会(以下、「本協議会」という)への協賛受入に関し、必要な事項を定めるものとする。
第2条(定義)
  本内規における協賛とは、本協議会の運営活動の維持、拡充を支援することを目的として寄付される現金をいう。
第3条(申込み)
  本協議会に対して協賛の申し込みをしようとする者(以下、「協賛申込者」という)は、別紙様式による申込用紙を本協議会理事長宛に提出するものとし、本協議会の受入審査を経て受諾された協賛申込みをいう。
第4条(受入の基準)
  理事長は、本協議会に対し次の各号に掲げる事業活動経費に充てることを目的として協賛があった場合は、これを協賛として取扱うものとする。
本協議会の事業に要する諸経費
本協議会における教育・支援・調査・研究・啓蒙に要する諸経費 その他、本協議会の事業の充実に寄与するものと認められる諸経費
第5条(受入の基準)
次の各号に掲げる基準を付したものは、本協議会はこれを寄付・協賛として受け入れることができないものとする。
(1) 協賛金により取得した財産を無償で協賛したもの(以下、「協賛者」という)に譲渡することの条件が付されているもの。(財産譲渡を前提にした協賛の制限)
(2) 寄付金による活動で得られた特許権、実用新案権、商標権及び著作権その他これらに準ずる権利を協賛者に譲渡し、または使用させることの条件が付されているもの。
(3) その他、理事長が本協議会において不適切なものと認めるもの。
第6条(審査会議)
  理事長は、協賛の受入審査のために必要に応じ、審査会議を開催できるものとする。
第7条(受入の決定)
1. 本協議会の事業を運営するために次の役員をおく。
2. 理事長は、受入決定を行った協賛について適宜取りまとめの上、本協議会理事会に報告するものとする。
3. 理事長は協賛の受入を決定した場合には、本協議会事務局を通じて協賛申込者に対し協賛金の納入方法について通知するものとし、受入ができない場合には、その理由を付して協賛申込者に通知するものとする。
第8条(納入)
  理事長は、協賛の納入を受けたときは協賛者に対して受領証を送付する。
一旦納入された協賛については、原則としてこれを返還しない。
第9条(協賛金額・期間)
  協賛金は、原則として一口50万円とする。
協賛期間は、協賛金の納入を確認した翌月から1年間とする。
第10条(事務)
  協賛の受入に関わる事務は、本協議会事務局において処理する。
第11条(協賛金額・期間)
  本内規に定めるもののほか、協賛の受入に関して必要な事項は本協議会理事会で別途協議の上、定めることができる。
(付則)本内規は平成21年4月1日から施行する。
 
プライバシーポリシーハラスメントポリシー利用上の注意サイトマップ
Copyright© 2005-2010 全国webカウンセリング協議会 All rights reserved.
ネットいじめ対応アドバイザー資格認定制度 カウンセラー適性テスト